2006年02月08日

こういうこともあります

2月7日

Kさん 本綴じ:

糸綴じ完成間近だったのですが・・・、
かがる糸が太かった!とやり直しすることに。
確かに背が1.3倍ほどに膨らんでいます。
こういうこともあります。

糸をほどき、再度細い糸でかがり直すそうです。
もとどおりに修復する難しさを垣間みました。

06-02-07_18-16.jpg


私は無線綴じ:もうちょっとで完成
背に寒冷紗、クーターを貼り、表紙と見返しを貼る作業を。
表紙と見返しを糊で貼り付けし、プレス機にかけました。
プレス機にかける前にひとてまあり。

 手(パー)今日のポイント
  糊付けした表紙に薄く水引きをしてからプレス機に。  
  (スポンジに少し水を染み込ませ表紙をなでます。)

ちゃんと聞かずに後で気になったのですが...
またこの「ひとてま」の理由を教えてください。
  
     
  
 







posted by 千 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12958249
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

7月18日のワークショップ
Excerpt: 昨日の祇園祭山鉾巡行からずーーーっと雨の京都です・・・ 本日のワークショップ参加者は7人。 先週からやっていた「革装幀本を和紙で治す」方法による修理はひとまず完成。お疲れ様で..
Weblog: 図書館資料保存ワークショップ
Tracked: 2006-07-18 19:27