2006年12月24日

文書保存に月桃紙

2006年10月17日(火)の朝日新聞夕刊に載っていた記事です。

<窓>日米特許の文書整理術
http://mytown.asahi.com/okinawa/news.php?k_id=48000110610190001
沖縄県公文書館が収蔵するアメリカ統治時代の行政文書「琉政文書」は、愛称「ファイボ」と呼ばれる、抗菌効果の高い月桃紙を組み込んだスチール製の箱に整理されているそうです。この保存箱を開発したのは那覇市会社社長の渡口善明さん。特許も取得しているということで、特許電子図書館で調べてみると、発明者としてこの保存箱関係の特許を7件もとっておられました。

この箱と月桃紙、図書館でも活用できる・・・かも!?
posted by 天 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック