2007年01月30日

「革装幀本を和紙で治す」

秋ごろのワークショップで参考にさせていただいた資料保存器材さんのマニュアル「革装幀本を和紙で治す」がヴァージョンアップしていました。
たとえば、装丁を治した後に革の表面保護に利用するアクリル樹脂、SC6000の紹介が詳しくなっています。
(本ワークショップにもサンプルをわけていただきました。ありがとうございます。)
posted by 天 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック