2015年02月27日

ケルムスコット版見学会

学内所蔵のケルムスコット版、3冊を一同に会した見学会ができました。
ヴェラム装の貴重書一冊と紙表紙の2冊です。
貴重書展覧会などで見ることはできますが、手に取って見る機会はなかなかありません。
字体、大学に受け入られた時期とその事情、ヴェラム装の特徴(見学会の1時間ほどの間に表紙が見る見るうちに反りかえってしまいました。)などなど、楽しく有意義な勉強会ができました。

本の映像をアップするのには特別の許可が必要ですので、古書日月堂さんの写真を拝借します。
同じタイトルの本ではありませんが、装丁のタイプの写真をお借りしました。

ヴェラム装 Maud 1893年 ゴールデンタイプ字体

maud.jpg

紙装 1 The Well at the Wrold's End. 1896年 チョーサー・タイプ字体
   2 The Sandering Flood. 1897年 チョーサー・タイプ字体

紙装.png
posted by 麻 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414744979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック