2007年08月12日

ハーバード大学図書館の資料保存啓蒙グッズ

ハーバード大学に出向している江上さんが、あちらの図書館で活用されている「資料保存啓蒙グッズ」についてブログで紹介しています。

ハーバード日記 : 司書が見たアメリカ
【9. 本を大切にしてほしい – 資料保存啓蒙グッズ】2007.8.9
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/wordpress/index.php?p=31

資料保存にスタッフや利用者の啓蒙は欠かせません。でも、「これはダメ」「こういうときはこうしてほしい」と一方的に言うだけではなくて、伝え方にも工夫が必要。できればかっこよく。相手のことを考えて。

そしてこのことは資料保存に限らず、図書館の広報全般にも通じますね。利用者も減る夏の図書館、この時期を利用して、たとえば掲示物を見直してみるとか・・・
posted by 天 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51165201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック