2009年06月30日

カバーの裏打ち(その2)

続きです。

5. 一晩たち、机から裏打ちをはがしたところです。
2009061801.JPG

6. 背の地に近い部分を拡大してみました。ぽろぽろになりかけていた元の紙が、うまく留まっています。
2009061802.JPG

7. カッターで、破れる前のカバーの元の大きさで切ります。
2009061803.JPG

支部では裏打ちを初めてやってみましたが、思ったよりうまくいって驚きです。のりの付き具合もぴったりでした手(チョキ)
他には和装本の綴じ直しをやったりしています。
ときどきこのように活動をご紹介したいと思いますので、今後とも桂支部をよろしくお願いいたします。
posted by 天 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

桂支部です!:カバーの裏打ち(その1)

突然ですがワークショップの桂支部ができました手(チョキ)
さらにひろげるワークショップの輪。

6月から月に2回程度、新しく図書館に受け入れた資料のなかから自前でできそうなものを修理していこうということになりました。こちらの図書館は大学の図書館ではないので、利用による開架図書の劣化はあまりみられません。その代わり、古今東西の資料を受け入れますので、購入時点で劣化している場合も多く、配架の前に修理・修復したり、資料に合わせて容器を手配したりします。

さて先日は、図書館に届いたときすでに破けてぼろぼろになりつつあったアート紙のカバーを裏打ちしてみました。

1. 裏打ち紙をカバーより大きめに切り、のりをはきます。裏打ち紙には和紙を使いましたがアート紙に合うのかどうかは要検討です。のりは、Remyという製本用ののり。粉末を水でといて使いますが、扱いにはまだ慣れず、濃度や混ぜ方を工夫しているところ。
2009061701.JPG

2. カバーの裏を水で湿らせた脱脂綿でふいて湿気を与えたのち、机の上に平らに置きます。そして、二人がかりで、カバーの裏に1.の和紙をのせていきます。事務机に直接貼っちゃってます。破れ目に気をつけて・・・神経をつかいつつ、連係プレーが必要なので、大騒ぎです。
2009061702.JPG

3. 全部のせ終えたら、和紙を幅4cmほどのテープ状にしたものにのりをつけて、四方を留めていきます。
2009061703.JPG

4. 裏打ち紙ののり付けはこれでおわり。乾くまで一晩待ちます。
2009061704.JPG

さて成功したかどうか・・・続きはまた!
posted by 天 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂支部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする