2010年07月05日

6月29日のワークショップと次回の予定

今日の参加者は途中早退の方も含めると8名。

お一人はノート作り(背ばり)。
あとは各自の図書館の資料を修理しました。
(指導に回ってくださった方も)

この間、背の修理をやってきましたが、
外れてしまったページの補修もやりました。
外れたページのノドの部分に3〜5ミリほど
ほんのすこし製本用ボンドをつけて、
丁寧に挿し込んでいきました。
プレスして終了。
簡単ですが、「丁寧に」が大事でした。

7月はすこし変わったノート作り再開。
修理も平行して行いながら、夏前に
スクラップノートを作ります。

参加者のみなさんはお好きな色の画用紙150mm×150mmのご用意を。

次回は7月6日(火曜日)です。

----------
7月の予定
 6日(火)
 14日(水)
 20日(火)
 28日(水)




posted by 千 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

6月8日、16日、22日のワークショップと次回の予定

ここ数日は、背のとれてしまった本の修理をしました。
(参加者は6名、7名ほどです。)

これまで製本テープで直していることも
多かった図書館ですが…
クータと和紙や糊による修理をぜひ薦めたいところです。

背を貼って、ノドに編み棒をはさんで、
包帯で固定する。

みなさん2回ですっかり上達です。

他にもボロボロの本がたくさんありましたが、
やっぱり一番よく壊れているのは
背のつなぎ目「ノド」のところでしょうか。

すこしでもノドにゆるみを発見したら
糊(製本用ビニールのり等)を入れる。
そうすればそこまでひどくはならないはず。
早めの処置が大切です。

次回も同じく背(見返し付近も)が壊れた本の修理を
やります。(7月からはまた一つノート作成も予定しています。)

次回は6月29日(火)です。
会場の都合により火曜日です。

【おまけ】
ノート作り完成後の写真をアップします。
好きな紙や布で作成。
使い終わった封筒や洋服の切れ端などを使った
リサイクル本もあります。
20100625.JPG


背の部分に開きをよくする空洞(クータのおかげ)も
ちゃんとできています。
本体と表紙をつけるのが難しくて歪んでしまいました。
次回はここも課題です。
20100625b.JPG



posted by 千 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

6月2日のワークショップと次回の予定

6月2日水曜日のWS。
すこし顔を出していただけた方も含めて9名参加がありました。

そしてとうとう…ノートの出来上がった人が私も含め4名るんるん
今プレス機にはさんでいるので来週には写真をアップします。
みなさんおつかれさまでした。

表紙と本体(本紙)の接着をした方、
ボードに表紙の紙を貼る方、
ボードをカットした方、
綴じを始めた方、
そして今日初めて見学にきてくれた方など、
わいわいにぎやかでした。

見学にきてくださったKさん、
糊の濃度などアドバイスありがとうございます!
またよかったら参加していただきたいです。

ノートの完成した方は
来週は背の取れた本の修理に挑戦です。
初めての参加の方もこの機会にどうぞ!!

6月8日(火)です。

よければお手持ちの伸縮性のある包帯と
編み棒(4号くらいのもの)2本をご用意ください。
こちらも出用意しておきますので手ぶらでももちろん構いません。

6月は修理を続けて、7月に入ったらまた
すこし変わった製本もやってみようかと思いますよイベント

posted by 千 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

5月19日のワークショップと6月の予定

5月19日の参加者は6名

5名は表紙作り(とうとうボードを張りました!)
1名は背固めをしましたよ。

次回で完成だ!話していたのですが…
講師を担当している私の都合で
5月25日のWSはお休みとなりましたバッド(下向き矢印)

ノートは6月に入って完成となりそうです。
完成したら今度こそ写真もとりますアート

以下、6月の予定です。

6月2日(水)
6月8日(火)
6月16日(水)
6月22日(火)
6月29日(火) ※30日(水)が会場図書館休館日のため。


ノート作成の後は、ノート作りでちょうどクータを入れた
背の構造を知ることができたので
背のとれてしまった本をクータを使って修理してみようと思います。

とある図書館で修理待ちの資料を用意できます。
みなさん手ぶらで参加いただいても結構です。

※もちろんみなさんの図書館で修理待ちの資料を
 お持ちいただいても構いません。

ぜひ一緒に優しい(易しい)修理術を学びましょうひらめき



posted by 千 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

5月11日のワークショップと5月の予定

連休明けのワークショップは体調不良の方も
いらっしゃって…少し人数が減りましたが、
それでも新しい方の参加もあって、5名で行いました。

背ボード貼り、
背固め、
本紙の作成(初めての方)と
みなさんそれぞれ作業を進めていきました。

表紙を自分の好きな布で作りたい方は
裏打ち紙を水とアイロンでくっつける作業もしました。
すごくキレイにできましたぴかぴか(新しい)
(また写真がなくてすみません。)

次回は5月19日(水)に開きます。

その次は5月25日(火)です。

興味のある方、時間のある方、
初めてでもどうぞご参加ください。

posted by 千 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

クータについて

4月23日の記事に載っていた「クータ」についての疑問?

いつも、いろいろ参考にさせていただいている 書物の歴史と保存修復に関する研究会さんのレポートのなかに、こんな風に書かれていました。

[渋谷分泉閣]の渋谷氏に伺ったところ、関東の職人たちが使っていた「空袋(くうたい)」という言葉がなまって「クータ」になったのではないかということであった。

と、またまた勉強させていただきました。
posted by 麻 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

4月13日のワークショップと次回予定

一週間遅れですが、4月13日のワークショップの報告をします。

引き続き、ノート作成です。

久しぶりに参加され、綴じに取り掛かる方、
ガイドを作って、綴じ穴を開ける方、
表紙や裏表紙、背のボードを切って、クータを背につける方、
4月に入ったので見学にきてくださった新任の方。
(またよかったらどうぞ参加してください。)

参加者は8名でした。

今日は本の開きにとっても大切な役目をする
背の空洞や「クータ(ー)」(背に入れて大事な開きを作る筒)を
作成しましたが、途中、その名前の由来で盛り上がりました目

「やっぱり空洞からきている」とすれば日本語から?など。

結局どうしてクータなんて名前がついているか、
なぞなまま、またみんなで調べてみましょうと話をしましたが、
なにかわかった方がいらっしゃいましたか?

「cooter binding」と表記しているサイトなどがありましたので、
英語だったのかなと英英辞典を調べてみましたが
その単語の周辺には鳥や亀の名前、
切妻屋根などが出てきましたが結局わからずじまいです。

アメリカで活動されている図書館員の方にも
聞いてみようと思いますひらめき

次回は20日(火曜日)です。
その次は28日(水曜日)です。
5月は11日(火曜日)から始まる予定です。
posted by 千 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

4月6日のワークショップと次回の予定

今回のWSもノート作成です。
また写真とり忘れました。

背に手作りの花布をつけ、
背の段差をなくす紙を貼り付ける方、
表紙のボード切り取りまでいけた方、
パンフレット製本の表紙見返しと本文を
糊でくっつけた方など
みなさんまちまちで作業進行中です。
参加者は6名でした。

また最初には懐かしい面々が顔をだしてくださいました。
(今年度もまたよろしくお願いします!)

来週のWSは4月13日火曜日に開催します。

今年度は曜日によって参加できない方にも配慮して
火曜、水曜、と隔週で曜日を変更しようと計画しています。

また決まり次第ブログでも案内いたします。アート
posted by 千 at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

3月16日ワークショップ

ブログ、御無沙汰しておりました。

3月9日に続けて、16日もノート作りをしました。
綴じを完成させて、背に寒冷紗を張りました。

次回のワークショップは4月6日火曜日です。

その他の修理や作成(一折ノート)も大歓迎です。

新年度を向かえ、新しい方の参加もお待ちしております。本
posted by 千 at 13:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

3月9日のワークショップ

二週間ぶりのワークショップです。

本日からは2枚の紙をひと組にした折丁を4丁、糸かがりするノート作りにとりかかりました。

糸かがりしてある、ハードカバーの本の構造を知るためです。

さて、ひと折りのパンフレットとじのノートができあがりました。

表紙も好みの布を裏打ちして作制しています。

CIMG0957.JPG


見返しも彩りよく合わせています。

CIMG0956.JPG
posted by 麻 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

2月9日と16日のワークショップと次回の予定

先週アップできなかったので2週分報告します。
写真がなくてごめんなさいふらふら

2月9日、16日と2週にわたって
「本のしくみを知るシリーズ」として
今度は洋装本に挑戦しています。

まずは、一折を縫う製本、パンフレット製本です。

先週は本紙の作成(規制のノートや本のホッチキスをはずす人あり、
一から紙を折る人あり)や見返しやボードの採寸、
表紙の布への裏打ちまでをやりました。

今週は表紙へのボード接着、本紙部分の縫いを行いました。

表紙へのボード接着では製本用接着ボンドを使いました。
裏打ち紙が薄すぎたのか、表紙の布までボンドが染み出てしまう
ハプニングexclamation×2もありました!

素材選びはなかなか難しいと感じました。

あとはボンドを使うときにはとにかく準備を万端にして
作業をすばやく行うのがコツかもしれません。

来週はとうとう表紙に本体(見返し用紙)を接着です。
今度は糊をつかいます。

接着剤(ボンドやのり)はどうしても資料の劣化原因と
なりがちですが、今回挑戦中のパンフレット製本では
中の本紙には糊やボンドは一切着かず、
しかも糸をきればまたもとの本紙だけに戻ります。
資料保存の原則である原型保存や可逆性を厳守した
パンフレット製本は修理の現場で使える技術も満載だと思います。

次回は2月23日火曜日です。

アート上記の続きをやりますが、途中から参加も歓迎いたしますよ。

posted by 千 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

2月2日のワークショップと次回の予定

少し更新が遅くなりましたが…
2月2日は和本作成仕上げと和本の修理をしました。
参加者は7名です。

和本作成はお二人が完成。
糸の長さが足りなくなる…ハプニングもありましたが、
とてもきれいに仕上がりました!

修理では糸の切れた和本の綴じ直しをしました。
古い糸をはずして中をみてみると中綴じ(下綴じ)がないものも。
中綴じは必ずするものでもないのでしょうか?

穴だけはあいている本もあったので紙縒りを作って中綴じをし、
絹糸で四つ目綴じをしました。

[完成した四つ目綴じ]
四つ目綴じの一種の「高貴(康煕)綴じ」もしましたよ。

10-02-02_19-02.JPG

次回はこのまま「本のしくみを知るシリーズ」として
…洋装本に挑戦です。
最初はパンフレット製本の応用をします。
(表紙や見返し用紙などもつける予定です。)

参加される方は以下の持ち物をご用意ください。

・閉じるパンフレット部分
 (無地の紙を折った独自のノートでも構いません。)
・パンフレットと同等の大きさの見返し用紙2枚
・表紙に使う薄出の布
 (WSにも布が用意してあります。)

もしよければ、定規やカッターもご持参ください。

次回の予定:2月9日(火)17:30〜


posted by 千 at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

1月27日のワークショップと次回の予定

先週の続き、2人の方が表紙と本文をセットし、四つ目飾り綴じで和綴じ帳を完成させました。

携帯カメラがボロッチイのでぼけた写真でこめんなさい。
2冊とも素敵で可愛い帳面ができました。

watoji.jpg

和とじ.jpg

参加者は後2名。1人は次回に完成予定。もう1人は次回は表紙作成から、です。

ひらめき次回の修理は四つ目綴じの「綴直し」で、開催は2月2日火曜日17時半ころからです。


posted by 麻 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

1月19日のワークショップと次回の予定

2010年最初のWS。
参加者は全部で8名。初めての方も3名です。

和装本の作成:前半
本紙を裁断して、紙縒りで中綴じをしました。
表紙の採寸、台紙の裏張り(くるみ表紙のため)作業まで
できた方も。

初めてのこととなると、穴のあけ方や採寸も
簡単簡単とはいきませが、保存修理に役立つ
資料のしくみを知るよい機会になったでしょうか…ひらめき

次回は後半「綴じ」をやります。

日時:1月27日(水曜日) 17:30頃から
posted by 千 at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

12月15日のワークショップ

レッドロット処理2週目。参加者は4名です。

アクリルポリマー塗布と
カバージャケット作りをしました。

アクリルポリマー塗布の前に、もう一度乾拭き。
このときに余分なオイルをしっかりとる。
オイルが紙にしみこまないためにもひと手間かけて
丁寧に拭きます。

カバージャケットはサイズを測って作りますが、
どうしてもあわないときも…。
今回も仕上がりまできて、あら?となっている方が!!
ものさしを使うことも基本ですが、
本を使ってサイズを確かめるのもポイントかもしれませんね。

今年のワークショップはこれで最後です。
来年も資料保存活動をコツコツ続けたいです。本
posted by 千 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

12月8日のワークショップ

今日は参加者6名です。
背固めをしている方もいましたよ。

今日のメインはレッドロット処置の後半。
アクリルポリマーの塗布です。

樹脂で覆うことで、資料に汚染物が触れることを防ぐと同時に、
資料の利用時に人が汚れることも防いでくれます。

アクリルポリマーは速乾性があるのでささっと塗ります。
★ポイント
ちょっとでもひっかかりを手に感じたら、それ以上塗るのは止めます!

HPC処置、オイル塗布した資料ではまだ茶色の粉が
多少手につきましたが、アクリルポリマーの塗布後には
すっかりつかなくなりました。

(おまけ)
 保護ジャケットも作ったのですが、なかなか難しいようで、
 こんな風に失敗もモバQ。(下部折込部分を切断!)
 09-12-08_18-44.jpg
 
 本当はこうなるはずです。
 http://kulpcws.seesaa.net/article/131507344.html

 でも、自分の手で作ってみることが大切です。
 失敗を重ねつつ技が身につきます。

(参考)小原由美子著.“IX フィルムカバーのかけ方”.『図書館員のための図書補修マニュアル』.教育史料出版会,2000年,p.117-121



posted by 千 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

12月2日のワークショップと次回の予定

今回はレッドロット処置をやりました。
参加者は4名です。新しい方の参加もありましたよ。

レッドロット処置の前半、
HPC溶液とオイルの塗布を行いました。

オイルは調合の済んだ購入したものを使っていますが、
多少硬めに感じます。
私は先日使ってみた某図書館のお手製のオイルが
とてもやわらかく、塗りやすく、
作業中には物理的に資料を傷めないのではと感じました。
今度詳しく作り方を聞いてみます。

もしわかったらブログにも案内したいと思います。

レッドロット処置の後半は…アート
アクリルポリマー塗布とカバーの紹介(作成までできるかな?)です。

来週はいつもの水曜日ではなくて、火曜日に開催です。
また今年はその次の週で最後のワークショップとなります。

本
予定)12月8日(火曜)
    12月15日(火曜)2009年ラストWS




posted by 千 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

12月2日のワークショップ(予定)

12月に入りました。
今週のワークショップも水曜日開催です。

イベント今回と次回は「レッドロット対策」です。

もう何度もやったことのある方も、初めての方も、
どうぞご参加ください。
研修もありますが、参加できない方もいるかもしれません。
そんな方のためにも。

夜 12月2日(水)17時15分頃から19時まで

できればご自分の図書館の本をお持ちください。
なければこちらでも用意いたします。

posted by 千 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

11月25日のワークショップ(テープ剥がし)

今日も引き続きテープ剥がしですイベント
参加者は3名。

私の前では先に来ていたお二人が、
手強い昔の製本用テープ(?)と格闘していらっしゃいました。
背のセロハンテープを巧く剥がしたあとに、
その下からさらに出てきた製本テープです。
仕上げには薄い和紙で背を覆われました。

私は比較的最近に貼付されたと思われるテープ
(いわゆるセロハンテープ)を剥がしてみました。
今回はアイロンを使わずにも、
アルコール(無水エタノール)での剥離が可能でしたひらめき

まずはナイフで端を剥がし、手だけでうまくはがれるかどうか挑戦。

今回はこれでも剥がせなくもありませんが、
しかしテープのべたべたがふらふら

そこで…

続きを読む
posted by 千 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

11月25日の予定

明日のワークショップでは、先日成功したセロテープ剥がしを集中的にやってみましょう。

エタノールと綿棒、低温のアイロンでソットソット剥いで行きます。


剥がしたい本を持ってお集まりください。



posted by 麻 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする