2007年03月04日

キハラがネットショップを開始

図書館用品で有名なキハラ株式会社さんがネットショップを始めました。

 Book Buddy (ブックバディ)
  http://store.yahoo.co.jp/bookbuddy/

図書の修理用品が手に入りやすくなりました。
各商品の素材などのくわしい説明と、品数がもうちょっと欲しいところです。

ちなみに、この前ご紹介したばかりの望月さんで扱っておられたクロスやマーブル紙は、このサイトからの販売に移行されていますのでご注意!
製本用クロスの見本帳をワークショップで入手してありますので、興味のある方はご覧ください。
posted by 天 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 資材情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

望月株式会社

東京神田で製本用クロスやSKIVERTEX(スキバルテクス/スカイバーテクス)、マーブル紙などを扱っておられる会社です。

 望月株式会社
  http://www.mochizuki.biz-web.jp/

カルトナージュ用材料ということで販売しておられますが、製本・修理などに使えるものもあるのではないでしょうか。(行ったことはないんですが・・)

通信販売も可とのことです。
posted by 天 at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 資材情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

本の顔が見える保存箱

いくら図書を保存箱にいれるのがいいといっても、保存箱が並んでいるだけの書架というのは殺風景だ、という声も。

2006103105 2006103106
上は、10月にワークショップに来てくださったケンタッキー大学の日沖さんが、背だけルミラーにして、図書の背が見えるように配慮した保存箱を見せてくれました。

また、下の写真は、スタンフォード大学のスタインベック・コレクションで採用されていた保存箱。要するに元の本のカラーコピーを貼り付けただけですが、これだけでも大分印象が変わるかと。
20061228
posted by 天 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 資材情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

株式会社PAReT(パレット)

レッドロット対策で革に塗った「クルーセルG」を購入したパレットさんのホームページができていましたので紹介します。

株式会社PAReT(パレット) http://www.paret.jp/
文化財・美術品工芸品の保存修復機材の製造と販売

もともと絵画修復をなさっていた和蘭画房から、修復用品販売部門が独立して設立された会社だそうです。
posted by 天 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 資材情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

pH試験紙

紙のpHを簡単にチェックすることができる試験紙の情報を教えていただきました。
下記のサイトにて、通販で入手可能だそうです。

(株)テックジャム
http://www.tech-jam.com/
トップページ >> 水質検査 >> 水質検査-検査キット・pH試験紙 >> ph試験紙(商品点数:49)
商品名「メルクpHスティック」となっているもの。

補足:これを用いる場合は、資料を水で湿らせなければなりません。
紙のサンプル採取ができるときに使うとよいかも。4.18
posted by 天 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 資材情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

紙の通販「紙の温度」

名古屋市の「紙の温度」は通信販売もやっている紙屋さんです。友人に教えてもらいました。
http://www.kaminoondo.co.jp/
マーブル紙など、工芸的な洋紙が豊富で、製本に使える厚紙も取り扱っています。
posted by 天 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 資材情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする